楽天銀行スーパーローンでお金を借りる

楽天銀行のカードローン、楽天銀行スーパーローンは楽天グループの楽天銀行が発行しているカードローンです。低金利でお金を借りるのにできれば低金利なところがいい、申し込みなど手続きが便利なところがいい、収入証明書不要で借りたい、専業主婦だけれど銀行カードローンを利用したい、といった方には楽天銀行カードローンがおすすめです。
楽天銀行スーパーローンの基本内容は、限度額500万円、金利は年4.9%〜14.5%となっており、銀行カードローンのなかでは標準のスペックと言えるでしょう。しかし収入証明書が限度額200万円まで原則不要、専業主婦・パート・アルバイトでも申し込み可能、おまとめ借換え利用可能というように、幅広い方に使いやすいカードローンとなっているんです。
また、楽天といえばポイントですよね。楽天銀行スーパーローンは、これからお金を借りようとしている専業主婦の方に入会特典として1、000ポイントプレゼントというサービスがついています。専業主婦の場合には金利年14.5%で最大50万円と専業主婦専用の商品設計となったカードローンになるのですが、専業主婦でも借りられる!という強い後押しが感じられ申し込みもしやすいですよね。
即日融資に関しては明記されていないので、大手消費者金融のように最短30分を売りにしているようなところと比べてしまいますと融資実行までに時間がかかると感じるかもしれませんがそこは審査が慎重な銀行カードローンなので多少時間がかかることは織り込み済みで申し込んだ方が良さそうです。


銀行のキャッシングを利用する。

銀行のキャッシングは金利も低く銀行でお金を借りるといった安心感からキャッシング会社の中でも人気があります。
銀行のキャッシングをするとき、まず最初に申込みをしなければなりませんが、申込方法として店頭窓口や電話、インターネットを使った申込方法などがあり、インターネットを使った申込みは昼間外出できないかたや、休みが土日祝日しかとれかいかたでも24時間どこからでもできるのでおすすめの申込方法といえます。
キャッシングの金利も消費者金融は4.7%〜18%といったところがほとんどですが、銀行は独自の基準を持っているためそれぞれの会社で金利が違ってきますが、住信SBI銀行の場合3.5%〜10.%といった低金利で融資をしているところもありますが、金利が低くなるほど審査がきびしくなっているとも言われています。
銀行のキャッシングは総量規制の融資は年収の3分の1以内といった制限を受けないので、無収入の専業主婦でも利用でき、イオン銀行の「イオンカードローンBIG」は融資限度額が50万円までの専業主婦を対象とした商品があり、他の銀行も専業主婦専用の商品をそろえています。
申込方法はインターネットを使えば簡単に申込ができ、ホームページから申込書に記入し送信すると仮審査が行われ、カードローン審査結果の連絡があるので結果をまって本人確認書類を送付すれば本審査がおこなわれ、契約が終われば自分の口座に振り込みをしてもらえるので、当日お金が必要な時は午前中に申込をすればほとんどの場合その日のうちに融資を受ける事が来ます。


消費者金融の返済が滞ることを滞納と言います。

消費者金融のみに関わらず、銀行からの融資であったり、自動車や住宅のローンなどを滞納してしまった経験はお持ちではないでしょうか?

融資、キャッシングやローンやクレジットカード支払など、高額であればある程長い期間での支払いを続けていかなければなりません。それはとても負担になってしまうことであり、生活を苦しめてしまうことも少なくはありません。中には、その支払いに圧迫をされてしまい、生活水準を引き下げることを余儀なくされてしまう場合も出てきてしまいます。それどころか、最終的には破産を選択肢に入れなければいけないこともあるのではないでしょうか?

支払いを正常に行っていける範囲での収支のバランスが最良ではありますが、時としてそのようにならない場合も存在します。そして、その支払が滞ってしまった、滞納してしまった際には返済額以上に利息がかかってしまい、さらに首をしめてしまう結果になります。加えて、消費者金融などの利用をしていて支払いを滞納してしまったという事実は記録として残ってしまいます。そのようになってしまうと、その後新規でのローンやキャッシングを利用できなくなってしまう恐れもありますので注意しましょう。

いずれにせよ、消費者金融に限らず、お金を借入をするにあたって返済は必ずつきまとうものとなります。決して滞納をしてしまわないよう、収支のバランスを考え、必要以上な借入をしてしまわないよう、計画的なご利用をしていきましょう。


実店舗型銀行かネット銀行か

店舗型の銀行を自分のメインバンクに選ぶとき、その比較条件となるものは使えるATMの設置場所が近隣にあるか、ということではないでしょうか。
そのため、メインバンクの選び方としてはメガバンクよりも、実生活により身近に寄り添った地域型の地方銀行が多く選ばれています。
銀行が散在といっても過言ではない現代の中で、地方銀行が躍進を続けているにはこのような理由があるのでしょう。

さらにネット銀行、これも銀行業界に新たな風を吹き入れていることは間違いありません。
ネット銀行とはその名の通り、インターネットに対応している銀行ですが、一般的にはいんーたネット「にも」対応している、というよりはインターネット「専用」と考えてもいいでしょう。

自分にとってどんな銀行があっているのかということはそれぞれの個人のライフスタイルにもよってきます。
普段専業主婦をしているなど、平日の昼間の時間帯が有効に使うことができるのであれば営業窓口の時間帯が平日の昼間に集中している実店舗型の銀行でも不便はないものです。
しかし、仕事をしている場合、自分が勤務中の時間帯にこそ銀行の窓口が開いている時間、そして自分が働いている時間こそがATM無料利用時間、というのであれば銀行はネット銀行も比較に考えてもよいでしょう。

ライフスタイルは人それぞれではありますが、営業している時間によっても考えておきたいものです。
自分にあう銀行は、きっとベストなものがあるはずです。
比較して考えてみるとよいでしょう。

銀行系キャッシングで借り換えをお考えの方は、ダイレクトワン 借り換えについてなどを見ておくと便利に利用できるかと思います。